HGUC 1/144 R・ジャジャ

発売日:2019年1月12日

価格:2,090円(税込)

ギャンの設計思想を受け継ぐMS

『機動戦士ガンダムΖΖ』よりR・ジャジャがついにHGUC化!

1990年代当時の1/144キットのR・ジャジャはあんまり出来がよくなかったですが、今回は最新ガンプラだけに期待大です。

設定では指揮官用モビルスーツ(MS)となっていますが、はっきり言ってしまうとキャラ・スーンの搭乗機です。

当時、指揮官用として数機作られたようで、『機動戦士ガンダム Twilight AXIS』に白と紫のR・ジャジャも登場しています。

ちなみにパッケージは森下直親さん。

HG、MGと多くのガンプラを手掛けている絵師さんです。

大型ビーム・サーベルを振ったポージングとエフェクトもカッコイイですが、さりげなく後ろにいるΖΖガンダムが心をくすぐられます。

ガンプラはボックスアートも楽しみのひとつで、誰か描いているかつい調べてしまいます。

ランナーはこんな感じ。

赤は濃淡2色の成型色を使用。

メインカラーは明るい赤、膝や手の甲などところどころに暗めの赤を使用しています。

イエローもしっかりと色分けされています。

最新ガンプラだけに組むのも簡単、シールなしでも色分けされているので、初心者でもカッコよく作れるはず。

今回は黒いところをガンダムマーカーで塗りつぶして、茶色でスミ入れ、最後につや消しスプレーのみで仕上げました。

HGUC 1/144 R・ジャジャ

R・ジャジャはキャラ・スーンの機体であるとともに、やはりギャンの系譜を引き継ぐMSとしても有名。

なので、HGUC ギャンと並べてみました。

どっちも白兵戦用MSなので、大型ビーム・サーベルが印象的!

HGUC 1/144 R・ジャジャ

その大型ビーム・サーベルでポージング。

ビーム・エフェクトのクリアパーツも太めです。

HGUC 1/144 R・ジャジャ

背中のバインダーっぽいのはバリアブル・シールド。

細かく可動します。

白兵戦用のR・ジャジャですが、ビーム・ライフルをちゃんと装備しています。

ギャンと比べると汎用性も高いんです。

HGUC 1/144 R・ジャジャ
HGUC 1/144 R・ジャジャ

ちなみにビーム・ライフルは銃剣付き。

HGUC 1/144 R・ジャジャ

肩の黄色い箇所はスラスターっぽいですが、3連ミサイル・ポッドなんです。

イエローがしっかりと別パーツで色分けされているので、見栄えがします。

あと、顔もブレードのエッジが効いていてカッコイイ!

HGUC 1/144 R・ジャジャ

良キットのR・ジャジャですが、完全新規設計ではなく、『ガンダムビルドファイターズトライ』のHG R・ギャギャがベースとなっています。

バリエーションのR・ギャギャの後発となったR・ジャジャ。

でも、無事キット化されてよかった!

ギャン好きにもぜひ作って欲しいキットです。

HGUC 1/144 R・ジャジャ

[addthis tool=”addthis_inline_share_toolbox_j750″]