ガンダム00ってこんな話。あらすじをまとめてみました。

ガンダムと少年の出会いが、世界の運命を変えた。

[addthis tool=”addthis_inline_share_toolbox_j750″]

地球連邦ができるまでの物語

ガンダムという作品は、基本的に新時代の人類が争いや環境破壊などの問題に立ち向かっていく話である。

だから年号が西暦ではなくて、宇宙世紀だったりコズミック・イラだったりと違う時代であることが強調されている。

だが、ガンダム00はそこが違う。

これは時代が移り変わっていく様を描いた物語であり、人類の革新が精神的なものだけでなく肉体的にも大きく変容していく様を描いたSF色の強い内容なのだ。

幼年期に少年兵として利用されていた主人公の刹那・F・セイエイ

世界観設定は現代の延長線上にあるリアルなもの

舞台は現代よりも少しだけ未来となる西暦2307年である。

この時代、人類にとっての最大の問題だったエネルギー資源について、宇宙太陽光発電システム軌道エレベーターの完成によって一応の解決策が実現している。

化石燃料に頼る時代は終わりを告げたものの、新しい世界秩序の中で相も変わらず覇権争いを続けているというわけだ。

旧アメリカ合衆国を中心としたユニオン、ヨーロッパを中心としたAEU、さらに旧共産圏が寄り集まった人類革新連合という3つの勢力に分かれており、赤道上に建設された3基の軌道エレベーターを中心に領有権を主張している。

かつては石油産出国として覇を唱えた中近東の国々は衰退し、第三世界のような有様となっている。

ソレスタルビーイングが保有する決戦兵器、ガンダム

序盤のガンダムは、ほぼ無敵。

さて、この世界にどうやってガンダムが登場するのか。

各国の主力兵器はもちろんモビルスーツ(MS)なのだが、これらはまだ新しい技術であって各勢力とも模索が続いている状態だ。

それはつまり、核兵器という「事実上使えない武器」はさておき、決定的な戦力差がない状況ゆえに地域紛争が絶えないという混沌の時代でもあった。

そんな中でガンダムは第三勢力として突如出現し、各地の紛争に武力介入をして敵味方問わず殲滅していくというムチャクチャをやる。そりゃあもう突然現れてボッコボコにして去っていくのだ。

これはまさに、謎の勢力による

「戦争やめないと、ぶっ殺すゾ♡」

という脅しであり、有無を言わさぬ圧倒的実力行使であった。

数世代は先の技術力で開発されたガンダムと、それを完璧に運用する少数精鋭の部隊

彼らはなぜ圧倒的な性能を持つガンダムを保有し、戦争に介入するのか…というのが序盤の物語展開である。

謎も多いしキャラクターはミステリアスだしメカはカッコイイしで言うことなしなのだが、ストーリーも急転直下のごとく展開していく。

ちなみにキャラクターデザイン原案はマンガ家の高河ゆんが担当しており、女性受けしそうな絵柄であるにも関わらず、意外にも重厚なガンダムの世界観にとてもマッチしている点も面白い。

※高河ゆん wiki  

物語序盤、ガンダムの性能差は圧倒的だった。

大きく3つのパートに分かれる物語展開

物語前半となるファーストシーズンは、人類共通の敵となったガンダムたちを倒すため世界がまとまろうとするお話。

セカンドシーズンでは壊滅したかに見えたガンダムたちが復活し、新しい世界秩序の構築のため「進化の歪み」を矯正するお話。

そして劇場版では人類全体の進化を促進し、別の宇宙から襲来した知的生命体との接触に備えるお話である。

すべての始まり、イオリア・シュヘンベルグ。ただのおハゲ様ではない

ガンダム好きだけでなく女性にもオススメ

こうやって書くと身もふたもないが、ガンダムイデオン攻殻機動隊を足して割ったような感じ……?

他のガンダム作品よりもわかりやすくメカもキャラクターも魅力的

しかも本格的なSF要素も満載のため、メカに興味のない女性ガンダムファンでない人にもオススメできる名作と言える。

ちなみに、TV版を3本にまとめた総集編的な「スペシャルエディション」もソフト化されており、こちらならさらにお手軽に鑑賞できる。

主人公、刹那・F・セイエイ

頼れるアニキ、ロックオン・ストラトス

性格に難ありのふたり、ティエリア・アーデ(左)とアレルヤ・ハプティズム(右)

※ザックリあらすじ解説『機動戦士ガンダムAGE』に続く!近日公開>

※ザックリあらすじ解説『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』に続く!近日公開>

※『機動戦士ガンダム00』TV版 各話解説に続く!近日公開>